荒れ小屋

ごめんなさい

20140508架空の日記

・頭痛がする中、作業を進めようと思っても、何をどう進めればいいかわからない状況で、余計に頭の中と部屋の中が散らかるばかりだった。あと二週間くらいはこんな感じの徒労が続く。とにかく、今までやってきたことの再構成と意義付け。今日は書類に載せる図の案も考えた。

 

GJ部@を見た。彼らの物語を、名前で呼ぶようになったキョロと部長の関係をこれからも定点観測したい気持ちに駆られるけれど、それはもう叶わないのかなと思うと少し悲しい。全話通してみて、中毒性があると周囲でよく言われるのは、ずっとあの部室で事が進む(もちろん外に出かけるシーンもあるけれど)ことに起因する幻覚か、吊り橋効果みたいなものなのかなと思った。反復のトリップは、視点だけに限らず、同じようなシチュエーションもそうなのだろう。森さんをまわしてみたり、新入部員を拉致してみたり、グルーミングしてみたり、噛み付いてみたり…他愛も無い会話とじゃれあいが永遠に続きそうで続かないから、彼らはそれを伝統だなんて呼んだりするのかもしれない。彼ら自身の楽しみ方はそこで潰えても、彼ら以外の誰かがそこでまた他愛も無い関係を繰り返すのだから。固定されたあの空間に密度の高い関係性が配置されていたということがすぐれて学校らしいのかもしれないと思った。

 

・エスカ&ロジーのアトリエ5話を見た。この世界に、製薬業界の利権ドロドロが絡んできたら大変そうだと思った。古典語が出来ないと製薬が出来ないという設定が面白い。文理で分断されてしまった(僕の知っている)お勉強の世界を考えると、すごく学際的?いや、どんな科学においても語学が出来ないとしょうがないのか。進捗を聞くシーンは胃が痛くなる。

 

ご注文はうさぎですか?5話。ずいぶんお色気度もギャグ度も高い、テンションの高いアニメなんだな。

 

アイカツ!81話。レズ回。

 

・アニメばかり見ててよくないと思うのだけど、それくらいしか本当に楽しみがない。

(加筆(2017/1/7):元ブログでのタイトル「【不定期日報】2014/5/8(木)」)

広告を非表示にする