荒れ小屋

ごめんなさい

20140425架空の日記

・10時出発、23時頃帰宅。今日は、夕飯後の睡魔がひどかった。反省するしかない。このあと定期的に日記をつけていくとして、惰眠の後悔ばかり書くようになるならどうしようもない。
 13時から17時まではアルバイトで、アクセス上に整理されたデータと書類を突っ突き合わせながらデータに不備が無いかチェックしていた。毎度あるわけでは無いが、それでもたまに住所記載の間違い、部局の間違いなど出てくるから、何度も複数人でチェックしていくしかない。どうやったら、最初から間違いの無いデータ入力が可能になるのだろうか。また、データの不備にも種類が恐らくあって、絶対に間違ってはいけない箇所だけ確認する、というわけにはいかないものか。作業を進めるために、条件を狭めていくことも必要な気がする。もっとも、この仕事のおかげで僕自身はお給金がもらえているので、あまり迂闊なことは言えないが。

 

・「selector infected WIXOSS」4話を見た。途中に出てくる、マンションか団地のカットがすごくよかった。多分、遊月が家に帰りたくなくてトボトボ歩いてるあたり。廃墟マニアではないけれど、単純に寂れてるのが好き…。このアニメは、背景が個人的に好みで、バトルや人間関係で殺伐とした都市を乾いたタッチで描いている気がする。
 ここからは妄想なのだけれど、その前のシーンで、あきらっきーがるう子に会いたくてるう子の学校に乗り込み、最後に画面の真ん中を走り抜けていくところと対比すると、この遊月は画面を横切ったり、端っこを歩いたりしている。人に会いたい/会いたくないの心理表現を、キャラクターの画面内の移動で表すことが出来るのかなと思った。
 あとは、体育創庫に逃げ込んだ時のシーン、るう子と遊月を見下ろすカットで感じたのだけど、脚の描き方が好みかも、と思った。作為の無い、自然な脚の動きなんて、どこの作品にもあるかもしれないから、それをなぜ良いと思ったのかは自分でもわからないけれど…。基本的に細いけど、まとまりがある(出るところ出ていない)キャラクター造形だと、どうしても肉付きを主張しやすいのが脚ってことなのか。

 

・「悪魔のリドル」4話。スタイリッシュなギャグアニメだ。

 

(加筆(2017/1/7):元ブログでのタイトル「【不定期日報】2014/4/25(金)」)

 

広告を非表示にする